提供するよ。


by youused

カテゴリ:音楽( 3 )

Mark Fry

Mark Fry
『Dreaming With Alice』


e0074160_437442.jpg御茶ノ水のジャニスのアシッドフォーク特集で見つけたMark Fly。たしかイギリスの人だった気がするけど、イタリアのレーベルから出してるみたい。これがもう、素晴らしくぶっ飛んでます。
リバーブかかりまくりの深い悲しげな歌声に、美しくループするフォークギターがたまらん。迷った深い森の中でもう抜け出すを諦めて、音楽作っちゃいました!みたいな、もの悲しいのに手拍子打てちゃう感じの作品です。トラッド要素もあり、サイケロック要素もあり、ギター弾きまくり、ノリと陶酔感たっぷりで聴いてて飽きないです。いちいち曲の間に入る短い挿入曲がなければ100点あげちゃう。
[PR]
by youused | 2007-01-07 04:39 | 音楽

トラッド・フォーク

英国やアイルランド周辺の伝統音楽である、トラッド。
これが熱い。
60s後半~70sにかけてのトラッド・フォークはロックの影響もあって、美しいメロディを兼ね備えた激しさがあり、素晴らしい陶酔感を与えてくれます。


Fairport Convention
『Liege & Lief』
e0074160_3364956.jpg
ユニオンで一番安いトラッドのCDを探してたら、名前を知ってたフェアポートコンベンションが840円であったので即効買い。後で調べたら、偶然にもこいつが怪物でした。フェアポート・コンベンションの最高傑作と名高い4thだそうで。同時に英国音楽の歴史的名盤とまで言われてしまう、それはもうアリガタイ作品らしいのです。実際、内容も肩書きに相応しい音楽やってます。②「Reynardine」のサンディの高揚感溢れるヴォーカル、③「Matty Groves」や⑦「Tam Lin」のイカレちゃいそうなくらいの陶酔を与えてくれるグルーヴ感。ロック好きも体を揺らしてしまうこと間違いなしな熱いアルバムとなっておりますよ。私は、もうこれなしじゃいられない身体にされてしまいました。

Vashti Bunyan
『Just Another Diamond Day』

e0074160_354124.jpg
御茶ノ水のジャニスで、「英国フォークの大名盤!」とか書いてあったから思わず手に取ってしまった何だか見たことのあるジャケ。中のブックレットを読んでみてビックリ。CDでの再発がされるまでは、トラッド・フォークのヲタク達の間では10万単位で取引されていた幻のアルバムだったらしい。そんな凄い作品が300円ちょいでレンタル出来ちゃうなんて、何て素晴らしい世の中なのだろうか。これがまた素晴らしい内容なのだから「幻」の由縁に納得してしまうのですよ。ヴァシュティ・バニアンの壊れそうな、悲しく、怪しく、美しい、その歌声は「神々しい」という最上級の形容詞がついてしまいます。短い無駄を一切取り除いた極上のフォークソングが揃ってます。聴き方によっちゃ、涙します。
[PR]
by youused | 2006-05-16 04:06 | 音楽

Sonic Youth

初めて音楽のレビューをするんですが、色々悩んだ結果アーティストごとに書くことに決めました。頑張るタイ。
最初にレビューするのはSonic Youthです。なぜかってこいつらのCDが一番多いからだよ。自分の持ってるCDごとに書きますぞ。


『Bad Moon Rising』
e0074160_3171650.jpgインディーズ時代の3rd。アルバム全体の雰囲気は暗い感じ。最近買ったばかりでそこまで聴き込んでるわけじゃないんだけど、これは虜になる音だ。決してリズムに体を揺らすようなアルバムじゃないんで注意。逆に旋律は凄いキレイでSonic Youthの良さである「心地良いノイズ」が存分に味わえる作品だね。個人的マスターピースになりそうな予感。

『EVOL』e0074160_3254695.jpg
86年発表の4th。個人的に大好きな作品。我が敬愛する冴えないドラマー、スティーブシェリーが加入して初めての作品となるこれは、レコーディングにこだわったのかどうか知らんが他の作品とは違った感じの音質だと思う。とにかく美しい。欠落のある優しさと言ったらいいのか、可愛らしくもあり非常に冷たくもある不思議な印象を与えられる。⑨の「Expressway To Yr Skull」は涙出そうになるほどドラマチック。オススメ盤です。

『Daydream Nation』e0074160_3364826.jpg
インディーズ最終作。これを聴かずしてSonic Youthは語れない、否、オルタナは語れないと言ってよろしい名盤です。カートがなりたかったっていうSonic Youthとは正にこれのことなんでしょう。月並みで申し訳ないが、①「Teen Age Riot」は殺人級の名曲。このアルバムからSonic Youthを聴き出す人が一番多いんじゃないだろうか。歴史的アレ。

『Goo』
e0074160_344211.jpgメジャーデビュー作。ツタヤとかの名盤特集でよく挙げられてるよね。よく「ポップになった」とか「ノリが重視された」とか言われるけど、自分的には全然アリ。ていうか普通にインディーズ時代からノリノリだろ。たしかにメジャー移籍のおかげかわからんけど、音にまとまりが出たから初期の混沌要素が薄れた作品ではあるね。前作と同様ロックなアルバムですよ。Dinosur jrのJが参加してるって書いてあったから耳を済ませてみたら薄くうめきみたいのが聞こえるだけだったから笑えた。

『Dirty』
e0074160_3591052.jpg俺が高校のときに友人に借りて聴いたSonic Youth初体験のアルバム。当時の感想は「かっこいいけど、汚い。」 タイトル通りじゃないか。ハッキリ言ってこのアルバムはカッコ良すぎ。Sonic Youthってどんな音楽?と聞かれたら、このアルバムの音をまず最初に思い浮かべますね。今までの作品の中でまとまった楽曲が一番揃ってるんじゃないだろうか。これを聴かずして死ぬなんてことのないようにしましょう。

『Washing Mchine』
e0074160_1251136.jpg95年発表の洗濯機。このアルバムを基点としてSonic Youthの音が新しい方向へと向かっていく気がします。一言で言えば「キレイ系」に。純粋で美しいギターノイズ。メロディとは真逆であるはずのノイズがここまで綺麗に聞こえるってのはどういう魔法なんでしょう。この作品は主にベースなしの3本ギターで作られています。音の起伏というよりもその重なり合い、混ざり合いを感じられる作品となってますね。約20分もある⑪「The Diamond Sea」はトリップできますね。これは麻薬だ。。

『A Thousand Leaves』e0074160_1394258.jpg
98年発表。ミニアルバムなどを含めると通算14作目。前作でキレイ系に向かったなんて書いたけど、これはよく実験作とか呼ばれるようにちょっとその流れとは違った場所にいる作品。確かに何となく聴く分にはキツイ作品だね。実際俺もあんまこのCD聴かないし。でも④の「Wild Flower Soul」が大好きなんです。表ジャケからしてそうだけど、この作品のジャケは女の子チック。ていうか内ジャケにキム写りすぎ。

『NYC Ghost & Flowers』e0074160_13215634.jpg
2000年発表のジムオルークプロデュース作品。プロデュースだけじゃなくて演奏にも参加してるみたいね。もうここに来て近年にみるSonic Youthの音が確立されてる感じ。誤解を恐れずに言うけど、これはもう既に癒し系音楽ですな。①「Free City Rhymes」や⑦「NYC Ghosts & Flowers」は下手すると気持ちよすぎて寝ますよ。ヴェルヴェット的な要素が感じられる、②「Renegade Princess」も最高。

『Murray Street』
e0074160_13462951.jpg02年発表。前作のプロデューサーのジムオルークを正式にバンドメンバーに加えての初作品。最強とは正にこのこと。近年作品の中で最高傑作と呼び声高い作品。今までにないほど「楽曲」というものを強く感じる曲が並ぶ。優しく、美しく、且つポップな出来といえるんじゃないだろうか。「捨て曲がない=名盤」と定義されるなら完璧な、大名盤である。捨て曲がないんだからどの曲がいいなんて言えないっしょ。歌ものが多いにも関わらず、ちゃんとソニックユースしてますよ。

『Sonic Nurse』
e0074160_1403764.jpg04年発表の17作目。前作と同様でメロディー重視の内容。「ていうか、前のと似てるよ」って声もチラホラ。ムーレイより先にこっちを聴いてた俺はどっちかというとナースの方が印象強いな。当初は毎日こればっか聴いてました。読書、睡眠にも使えてしまうSonic Youthなんてビックリだね。キレイな曲が目白押しですよ。自分の感想としてはこのアルバムはドラムのスティーブ・シェリーが際立った作品だと思います。存在を主張しすぎないのに面白いことやってるっていう何とも憎いドラムですね。何と言ってもこの音!こんなキレイなドラムの音そうないっスぜ。激オススメ盤ですな。


以上がSonic Youthです。見てわかるように、こいつらに良くない作品なんてないんです。それだけじゃなく、凡作がないんです。全てが音楽的意義に溢れた作品だと思います。
難しいけど、自分的ベスト3を挙げろと言われたら、『EVOL』、『NYC Ghost & Flowers』、『Sonic Nurse』ですかね。これからSonic Youthを聴こうと思う人には『Daydream Nation』を強くオススメします。
[PR]
by youused | 2005-10-02 03:18 | 音楽