提供するよ。


by youused

カテゴリ:映画( 14 )

CITY OF GOD

『CITY OF GOD』
監督:フェルナンド・メイレレス
e0074160_4372071.jpg
久しぶりにスゲェ映画を見た。実際にブラジルであった事件を元に作られたギャング映画なんだけど、とりあえず人死にまくり。銃の嵐。あげくの果てには子供も笑って撃ち殺すっていう物凄い映画であります。たしかに恐ろしい内容ではあるんだけど、これがもう最高なんだよ。主軸の物語の中に様々なサイドストーリーや色々な視点が挿入されてて、構成が凄い。疾走するかのようなテンポも良くて、見ていて飽きないし、次はどうなるのかとワクワクしてしまう。
自分が映画に求めることっていうのは、自分が体験できないような非現実を仮想体験して感動を得るということなのだけれども、この映画のようなことが実際にあったなんて、なんていう非現実な現実なんだ。映画だけにしろよマジで。ブラジル頑張れ。
[PR]
by youused | 2006-08-10 04:47 | 映画

まぼろし

『まぼろし』
監督:フランソワ・オゾン
e0074160_4594823.jpg

この映画はこれまで見てきた数ある名ラストシーンの中で3本の指に入ります。第三の男と、これと、あと何だろう・・・って感じ。あれに匹敵するってんだからもう間違いないですよ。色んな解釈ができ、悲しくもとれるし明るくもとれる。人によってハッピーエンドな映画か否かが分かれるんじゃないでしょうか。自分は始めはハッピーエンドかと思ってたけど、友人と意見を交わしたらまた違う見方を得ることができましたよ。いやぁ素晴らしい。
この作品は、「静寂」とも「狂気」とも言える雰囲気の作品となっています。純粋にこの映画を味わって欲しいから、ネタバレ記事は書きません。だから、これ読んでどんな作品だろうとアマゾンやらレビューサイトやらを検索しないで、そのままレンタルショップに駆け込んでいただきたい。唯一つだけ、「ラストシーン」という先入観を持って見れば物語のそれぞれのシーンをつなぎ合わせて感じることができると思います。悲しげだけど、凄く綺麗な映画です。激オススメ。
[PR]
by youused | 2006-02-02 05:15 | 映画

勝手にしやがれ

『勝手にしやがれ』
監督:ジャン・リュック・ゴダール

e0074160_4515074.jpg
とうとうゴダール作品に手を出してしまいました。と言っても、本作は難解さはほとんどなく、素直なストーリーとなっている。最近になって、ヌーヴェル・ヴァーグと呼ばれる作品にちょいちょい触れるようになってきたが、その記念碑的存在とも言われる本作に、ヌーヴェル・ヴァーグっぽさをあまり感じ取れなかったのは、自分が未熟だからだろうか。未熟って言い方もおかしいか。まぁ、何事も最初はハテナマークから始まるものだ。
おおまかな流れは、ワルな主人公のミシェルが警察殺しちゃって、警察に追われながら女と過ごすみたいな感じ。とにかく煙草ふかしまくりの主人公ミシェルがかっこ良すぎる。こんな肝が据わったヤツいるんだろうか。劇中のセリフも後半になっていくにつれて味を増して行き、小説を読んでる気分になってくる。ラストシーンのロングカットも示唆的なものを感じられて、深さを感じる。ゴダール作品だと身構えていただけに、ちょっと呆気なさを感じたが、かっこいいオシャレ映画なんじゃないだろうか。パリのシャンゼリゼのシーンが物凄く美しくて感動した。
映画を考えながら見ようとしたが、ストレートなストーリーに見入ってしまった。この映画はそういう映画でいいのかもしれない。たぶん。
[PR]
by youused | 2006-02-02 04:48 | 映画

夢みるように眠りたい

『夢みるように眠りたい』
監督:林海象
e0074160_0145349.jpg

86年公開の邦画で、佐野史郎が始めて映画に出た作品だとか言ってた気がする。一部以外はほとんど無声映画みたいなもので、もちろん白黒だし、撮り方もチープさというかレトロさというか、そのような感じの表現が絶妙で、雰囲気は最高だった。やはり、白黒でこれだけの映像美を見せられると、カラーの良さを越えてしまうね。
ストーリー自体も、物凄く優しい切なさがあって、心地いい感動を得ることができる。探偵である主人公は誘拐された女性を救うための依頼を受け、謎を解いていくんだけど、その先にあったものは・・・って感じ。その先にあったものは映画のタイトルそのものだよ。凄くいいタイトルだなぁ。俺もこんな風に夢みるように眠れたらいいのにと思います。ラストシーンが意味的にも映像的にも素晴らしい。映画のラストシーンってこうでなきゃ。
[PR]
by youused | 2006-01-26 00:31 | 映画

8 1/2

『8 1/2』
監督:フェリディコ・フェリーニ
e0074160_1953518.jpg

フェリーニの代表作として名高い作品。主人公は「救いのない映画」ばかり作ると批評される映画監督だ。物語はこの監督の苦悩を描いたものとなっている。難解なのは承知の上で見たが、やはり一つ一つ話を追っていくのが大変だった。しかし、その難解さも表現としては不思議な世界観を創り出している要素なのだ。映像美も然ることながら、やはり一番この作品で美を感じる点は、その表現力にある。主人公の子供時代の回想シーンや、妄想の中でのハーレムのシーンなどは特に強烈な印象を受け、脳裏に焼きついて離れない。ラストシーンを自分は、主人公の行き着いた、過去との葛藤や死んだ霊(スピリッツ)を消し去る「解放」の最高の表現であると解釈した。なので、見終わった後は難解な映画にも関わらず、何だかスッキリした気分になった。忘れたころにもう一度見たい。

ちなみに、間違いなく素晴らしい映画だと思います。
[PR]
by youused | 2006-01-23 19:51 | 映画

戦場のメリークリスマス

『戦場のメリークリスマス』
監督:大島渚

e0074160_3302289.jpg
ベタ褒めばっかりだから、たまにはちょっと違った形で。
別にこの映画は見て凄く感動したとか、そういうんじゃないんです。とりあえず有名だし、見とこうと思ったら予想と違って全然ポピュラーな映画じゃありませんでした。なんていうか、混沌。シナリオとか録り方とかそういうことを言ってるんじゃなくて、一つ一つの場面が個々に存在してるみたいな感覚と、日本人の英語のヘタクソさと、外国人の日本語のヘタクソさと、学生服着ちゃってるボウイと、、、なぜか見てて目が回る気分でした。主題としては、個人的な信念を互いに対決させながら、そこに相手に対する何かしらの感情が生まれていくっていう感じに捉えました。その感情ってのは理解なんだか尊敬なんだか畏怖なんだか友情なんだか愛情なんだかよくわからないんですけどね。あとは単純に過去に対する罪の意識を「死」と結びつけるっていう悲劇的なところかな。
てか、この映画キャスティングがおかしい。坂本龍一、デヴィット・ボウイ、ビートたけし、三上寛、、、みたいな。何だよ、これ。いやぁ、それにしても、たけしの演技って何でこんなに怖いんでしょうか。殺気っていうか何ていうか。笑顔さえも怖い。
音楽担当はもちろん坂本龍一で、主題歌は有名なアレです。
[PR]
by youused | 2005-10-08 04:03 | 映画

独裁者

『独裁者』
監督:チャールズ・チャップリン

e0074160_3344820.jpg
チャップリンの初トーキーにして、トーキー自体にとっても革命となったという曰くつきの作品。自分にとってチャップリン映画の中で一番興奮し、感動した作品だ。
この映画を喜劇と見ない意見もあるようだが、自分は喜劇であるからこそ素晴らしい作品なのだと思っている。だって、あのナチスですぜ?ヒトラーですよ?こいつを喜劇で笑いものにするなんて誰が考えますか。現代ならまだしも、あの時代に。たぶんこの映画が発表された当時に見ていたら万倍の感動があったのではないかと思います。いや、もしかしたら今だからこそ見るべき映画なのかもしれませんね。
チャップリンは記憶のない理容師と独裁者(ヒトラー)の二役を演じています。ヒトラーの真似が物凄くいいです。めちゃくちゃ言ってるだけにしか聞こえないってとこがまた皮肉っぽくてね。風船の地球儀と戯れるシーンも有名ですが、やはりラストの演説シーンでしょう。これはもう、素です。役でも何でもないチャップリン自身がそこにいる気がします。当時のトーキーでここまでしゃべくりまくるってのも掟破りだったみたいです。ヒトラーの格好したやつが愛と平和をマジで叫ぶんですよ?ため息しか出ませんわ。あっぱれでございます。
[PR]
by youused | 2005-10-06 03:55 | 映画

茶の味

『茶の味』
監督:石井克人

e0074160_168163.jpg
これはコメディなんだろう、たぶん。何とも温かく、何ともサイケな作品となっております。でもそのサイケ要素さえも温かい。田舎っぽい雰囲気もよく、見ながら幸せを感じられる映画ですねこれは。
しっかりと観客をついてこさせる強引な脚本作りがされているわけではないので、事件が起きて解決に勤しんでつまづくけど最終的には解決してハッピーエンド!的な典型的な形はしていません。全体的にそれぞれのストーリーが漂いながら進行していきます。展開を見る映画ではなく、アンビエント音楽を聴くかのように漂っているものを感じながら見ることの出来る映画なのではないでしょうか。そこには、甘酸っぱい恋心、笑えるような不思議な出来事、そして家族愛が漂っています。その雰囲気が気持ちよくて、俺なんかはずっとニヤニヤしながら見てましたね。
浅野が野糞デビューしたときの話をするシーンがお気に入りです。語りの自然さといい、やはりこいつは偉大だと実感しました。
何か一息入れたい気分のときにでも、力を抜いて何も考えずに見てみましょう。
[PR]
by youused | 2005-10-02 16:28 | 映画

『夢』
監督:黒澤 明

e0074160_1453527.jpg
「黒澤映画を一つも見たことがない人は確実に人生の何分の1かを損している。」という誰かさんの何とも強引な名言がありますが、自分は黒澤作品はまだこの『夢』しか見たことがないです。
この作品は短編集です。それぞれの最初に、「こんな夢を見た」という書き出しで始まります。もうタイトルそのまま、夢を映画化したという作品ですね。8つの「夢」があるのですがどれも関係性はなく、それぞれ全く違った雰囲気、内容が描かれています。あくまで、「夢」であるのでシナリオなんてものはハナから在ってないようなもので、この映画の真髄は映像の美しさ、そして戦争や環境問題などの問題啓発的要素にあると思います。まぁ、それはホント見ないとわからないものですので、とりあえず見てください。ただ単に映像の美しさだけとっても、動けなくなくなるくらいの雰囲気作りが成されています。これは本当に最高峰なんじゃないかと。
自分は第一話目の狐の嫁入りの場面の森が物凄く好きです。靄(もや)がかって幻想的な雰囲気なのに、どこかしら和風で直線的な締まったものが感じられる何とも不思議な雰囲気です。
たしかに、黒澤すげぇ。
[PR]
by youused | 2005-10-02 15:11 | 映画

THE STING

『THE STING』
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
e0074160_2541445.jpg

73年アカデミー賞を作品賞を含む6部門受賞という怪物映画。基本的にアカデミー賞はあんまり信用してないんですけど、この映画は文句なしによかった。
舞台は1936年のシカゴ。詐欺師が仲間を殺された復讐として裏世界の大物相手に騙しで大金を巻き上げるというもの。あらすじとしては有りがちだね。主演はロバート・レッドフォードとポール・ニューマン。とりあえずこの二人がどうしようもなくかっこよすぎる。この二人が中心となって敵を罠にかけるんだけど、それだけじゃないところがこの映画の面白いところ。見ている観客さえもこの映画に何度も騙されてしまうんですよ、これが。
騙しの巧妙さや、その緊張感などがひしひしと感じられる、もうホント観客を楽しませることを極めている映画だと思います。
よく言われる言葉だけど、
「That's Entertainment!」
この言葉が一番似合う映画ではないでしょうか。
まだ見てない人、あなたが一番この映画を楽しめるはずです。是非。
[PR]
by youused | 2005-10-02 02:54 | 映画