提供するよ。


by youused

8 1/2

『8 1/2』
監督:フェリディコ・フェリーニ
e0074160_1953518.jpg

フェリーニの代表作として名高い作品。主人公は「救いのない映画」ばかり作ると批評される映画監督だ。物語はこの監督の苦悩を描いたものとなっている。難解なのは承知の上で見たが、やはり一つ一つ話を追っていくのが大変だった。しかし、その難解さも表現としては不思議な世界観を創り出している要素なのだ。映像美も然ることながら、やはり一番この作品で美を感じる点は、その表現力にある。主人公の子供時代の回想シーンや、妄想の中でのハーレムのシーンなどは特に強烈な印象を受け、脳裏に焼きついて離れない。ラストシーンを自分は、主人公の行き着いた、過去との葛藤や死んだ霊(スピリッツ)を消し去る「解放」の最高の表現であると解釈した。なので、見終わった後は難解な映画にも関わらず、何だかスッキリした気分になった。忘れたころにもう一度見たい。

ちなみに、間違いなく素晴らしい映画だと思います。
[PR]
by youused | 2006-01-23 19:51 | 映画